P4040051.jpg

しばらくぶりの更新です。

2ヶ月ほどの間、何もしていないわけではなくカスタムIEMをいくつか作ってまして。ドライバをいろいろ試してみたのはもちろん、シェルについても新しい手法を試してみたりしてました。

GWの期間を使って紹介していきたいと思っています。

まずは最初に作成した、GQ-30783とDN-12833のハイブリッドIEM。

P4040054.jpg


イヤホン自作 デュアル バランスドアーマチュア カスタムIEM用 Knowles GQ-30783 Balanced Armature Dual Speaker(メール便可)
価格:4980円(税込、送料別)



デュアルドライバー イヤホン
価格:1299円(税込、送料無料)




こちらのIEMは、シェルのUVレジンを、100円ショップのセリアで買った色つきのレジンを使用しています。

100円で4グラムなので、片耳あたり3つ程度が目安かと思います。

P3110003.jpg



最初から色がついているので、いちいち顔料の量を調節したり、撹拌する手間が省けます。出来上がりについても、非常に透明度が高く、硬化時間もパジコと変わりませんでした。

結構お勧めです。

1つ難点があるとすると、4グラムずつ小さな容器に入っているため抽出しづらく、気泡が結構できちゃうことですね。揺すったり時間を置いて、気泡を消してあげる必要があります。

■左 (Blue)

P3120004.jpg

■右 (Red)

P3120005.jpg


そのあともろもろ工程を経ての完成です。

P4040053.jpg

TWFKで作ったときと同じように、カナル先端になるべく近づけてGQを配置しました。しかし、TWFKに比べて大型のGQは結構ぎりぎりで、配置に少し苦労しました。

P4040058.jpg


フェイスプレートも同じレジンで作ってます。シェルを作る際に残った中のレジンを使ったので、3本以上は消費してません。

両耳で24グラム、648円はコスパ高いと思います。


GQの音は、個人的にはTWFKより好みですね。TWFKはキラキラ過ぎて刺さる感じが少しきつく感じることがあります。

GQはWBFK(TWFKの高音)とベント付EDの2ドライバ構成で、TWFKより低音も出ており、ボーカルも滑らかです。単体ではGQのほうが完成度高いと思います。

しかもTWFKより安いので、入門用のドライバとしても重宝するのではないでしょうか?

市販品であれば、オーディオテクニカのIM20やWestone W20がGQを使ってます。量販店などで視聴してみてください。


audio-technica IM Series カナル型モニターイヤホン シングル・バランスド・アーマチュア型 ATH-IM01

audio-technica IM Series カナル型モニターイヤホン シングル・バランスド・アーマチュア型 ATH-IM01

オーディオテクニカ (2013-11-15)
売り上げランキング: 135,712

Amazon.co.jpで詳細を見る



Westone Universal W20 WST-W20

Westone Universal W20 WST-W20posted with amazlet at 16.04.29

Westone
売り上げランキング: 408,845

Amazon.co.jpで詳細を見る



ちなみにTWFK単体だとこちら。

ほかにはUltimateEars のUE700や、オーテクのATH-CK10もTWFKです。

Knowles製 TWFK Dual Speaker採用 デュアル・バランスド・アーマチュア 高解像イヤホン G452(ブラウン)

Knowles製 TWFK Dual Speaker採用 デュアル・バランスド・アーマチュア 高解像イヤホン G452(ブラウン)

G4
売り上げランキング: 106,484

Amazon.co.jpで詳細を見る



コメント欄を読み込み中